不確実性の時代を生き抜く人材を社会に送り出す

注目を浴びるアントレプレナーシップ

世の中でアントレプレナーシップが注目度を高めています。直訳すると「起業家精神」ですが、起業家だけではなく、全てのビジネスパーソンが持っておくべき考え方であると認識されるようになってきました。社会環境の変化がはやく、不確実性の時代にビジネスを動かす人材が求められていると言えるでしょう。

特に、今までの日本の教育は個々の能力開発に焦点が当てられていたために、他者と協力してお互いの特徴を生かしながら課題を解決する経験や、社会問題から課題を設定して解決していくアプローチの経験が少なかったと言われています。

近年では、大学やビジネススクールがアントレプレナーシップ教育をスタートさせ、アントレプレナーシップ学部を創設した大学もあるほど、その注目度を高めています。

MeCoFaの役割

アントレプレナーシップ教育の土台となるのが、個人の基盤(自己分析と人間力)であり、マインドを作り込む部分です。これらはスキルを支える部分とも言え、スキルを充分に活用するために必要不可欠なものです。

MeCoFaではコーチングのプロフェッショナルであるGroethPromoterが学生に寄り添うメンターの役割を果たします。学生自身が自分に向き合い、自分を肯定的に認め、将来をイメージすることで、基盤(ファウンデーション)を確立する、自己開発を支援いたします。

アントレプレナーシップへの導入

アントレプレナーシップには興味があるが、一歩踏み込む勇気がないという学生の背中を押すイベントを開催いたします。

会社設立準備期間に、豊橋技術科学大学アントレプレナーシップ推進室様と開催した「強み発見ワークショップ」と「個別セッション」によって、多くの学生がその効果を実感してくださいました。その結果、翌年のプログラムに参加していただいています。

普段、多くのインプットを強いられ、周囲から否定的な意見を受けることの多い学生が、メンターとのセッションの中で、アウトプット中心のコミュニケーションから自己への理解を深め、3ヶ月間行動し、その行動に対して肯定的に認められる経験をすることで自己肯定感を上げ、自分の意思で行動を決める喜びを感じてくださったのです。

MeCoFaは、アントレプレナーシップへの興味を喚起し、ファーストステップを後押しいたします。

アントレプレナーシップ入門講座

アントレプレナーシップファウンデーション構築のベースとなる、自己分析、目標設定、発想法について学ぶ講座です。

自己分析では、自分の強みを見つけ、リソースを見つけることで、将来の自分の選択肢を広げ、ありたい自分を描きます。目標設定では、目標と目的の関係を知り、中長期目標から短期目標に細分化し行動レベルまで落とし込みます。発想法では、単に発想法そのものを学ぶだけでなく、自由に発想するための視点の持ち方や、「もっと飛躍的に発想してもいい」というマインドを身につけます。

講座は、講師自身が企業で得た学びや心の持ち方、独立起業に至った経緯など豊富な経験談を交えて進められます。

これら講座は、過去の経験に紐つけて学ぶMeCoFaメソッドにて進められ、自己の行動によって理解を深める仕組みを取り入れています。

アントレプレナーシップ導入イベントでのご活用や、入門講座、公開講座などをご検討中の学校法人様からのお問合せをお待ちしております。

お打合せ、講座ともにオンラインでの対応も可能ですので、お気軽にお問合せください。